小児歯科

お子様の歯を健全な状態で成長させるために

当クリニックでは、お子様の歯を健全な状態で成長させるために、初診時と、その後は年に1回、永久歯列が完成するまでの間、お顔とお口の中の写真を撮影しています。それをご覧頂きながら、今、お口の中がどんな状態なのか、どんな病気リスクが考えられるのか、それを防ぐためにどんな治療を行うべきなのかなどを詳しくご説明しています。撮影した写真はすべて、プリントアウトしてお渡ししています。お子様の成長の記録は、ご家族の方にとってはもちろんのこと、私たちにとっても大切な「宝物」です。また、思い出となるだけでなく、こうした記録を残しておくことで、初期のむし歯の早期発見や、歯並びの診断などにも役立てることができます。

お子様の歯を守るために

定期メインテナンス

歯のクリーニング、フッ素塗布、歯磨きの練習などを定期的に行います。適切なブラッシングや食習慣などのホームケアと、歯科クリニックでのプロフェッショナルケアの両方が上手く機能すれば、永久歯を病気などから守ることは決して難しくありません。大切なお子様の歯を守るためにも、適切にホームケアを行うとともに、定期メインテナンスを受けさせてあげてください。

むし歯リスクの診断

お子様のむし歯の場合、リスクが高い状態であっても、歯の使用年数が少ないために、実際の病変として現れない場合があります。より確実にお子様の歯をむし歯から守るためにも、リスク検査を受けられることをおすすめします。

歯並びへの配慮(咬合誘導、矯正治療)

定期メインテナンスにより歯の成長過程を診続けたり、お口の中の各種データを取り続けたりすることで、歯並びや噛み合わせの乱れなどの兆候を早期に発見したり、有効かつ簡単な方法で改善させることができる場合があります。定期的かつ継続的に診続けることで初めてわかること、できることはたくさんあります。時間の経過に合わせてお口の中の状態をチェックすることは、むし歯などの病気を未然に防ぐだけでなく、お子様の歯を健全な状態で成長させるためにも重要なことなのです。

定期メインテナンスを中断すると

小さなお子様のうちは定期メインテナンスを受けていたが、中学生になって勉強や部活などが忙しくて中断してしまったりすると、良好な状態に保たれていたお口の中が、むし歯がたくさんできるなど、不健康な状態になってしまうことがあります。こうしたことがないように、定期メインテナンスは何歳になっても継続的に受けさせてあげるようにしてください。また、定期メインテナンスを中断したことで健康状態が崩れてしまっても、適切な治療を受けたり、定期メインテナンスを再開したりすることで、良好な状態に戻せる場合があります。なので、一度中断したからといって諦めずに、できるだけお早目に再開させるようにしてください。

おくちのたいそう体験

定期メインテナンスや治療中などに、歯並びや噛み合わせの乱れや、喋り方や食べ物の飲み込み方の異常などを発見したお子様を対象に、「おくちのたいそう体験」をご提案しています。ご希望の方には、ご予約をお取り頂いた上、当クリニックの2FのMFTルームで実施します。
当クリニックでは担当歯科衛生士制をとっており、1人のお子様のお口の健康を、同じ歯科衛生士がサポートしますので、異変や異常を早期に発見して、健全な状態での成長をお手伝いすることができます。

口腔筋機能療法

口腔筋機能療法とは、食べたり、飲み込んだり、話したりする時に使うお口の筋肉を、正しく使えるようにするトレーニングです。トレーニングによって筋肉を正しく使えるようになると、歯並びや噛み合わせの乱れを改善したり、お顔の成長を正しく導いたりすることが可能となります。

口腔筋機能療法が必要な理由

歯の位置は、舌や唇、頬の力などによって決定づけられます。そのため、これらの力のバランスが取れていると、歯の位置を正常に保つことが可能となります。しかし、常にお口がぽかんと開いていたり、舌を出す癖などがあったりすると、バランスが崩れて、歯並びや噛み合わせなどに悪影響をおよぼすことがあります。

口腔筋機能療法の内容

棒や水、食べ物などを用いて、舌や唇などの筋肉の使い方をトレーニングします。当クリニックでトレーニングを行った後、ご自宅でもトレーニングして頂くことになります。毎日の積み重ねが大切なトレーニングですので、お子様本人のやる気と、ご家族の協力が必要です。痛みをともなうトレーニングではありませんので、お子様と一緒に楽しみながら行って頂くことができます。

クリニックBLOG